最近の一覧

2012年11月11日

第6回認定医療職試験(東京)10月24日まで募集中

第6回認定医療職試験
日時:2012年11月11日(日曜)
場所:東京慈恵会医科大学 大学1号館5階講堂
試験時間:13:30〜15:00(受付13:00から)
認定医療職試験 2012年
 申し込み締め切り 10月24日
詳細は日本渡航医学会ホームページの「認定医療職制度」-[認定研修会・試験] サブメニューを参照してください。
posted by スタッフ at 00:00| 日記

2012年10月06日

第6回海外渡航者のための感染対策研究会(福岡)

10月6日に第6回海外渡航者のための感染対策研究会を福岡市で開催
しますのでご興味のある方は参加頂きますようお願い申し上げます。

日時:平成24年10月6日(土曜日)、16:45-18:30
会場:レソラNTT夢天神ホール レソラ天神5F
参加費用:無料  予定人数:50人程度
共催:久留米医師会、一般財団法人化学及血清療法研究所

プログラム:
16:45〜 「ワクチンに関する最近の話題」 

講演1(17:00〜17:30)
「久留米大学病院海外旅行・ワクチン外来の現状」
久留米大学医学部 感染医学講座 臨床感染医学部門 助教 
日高 秀信先生

講演2(17:30〜18:30)
「海外勤務者の感染症対策」
東京医科大学病院 渡航者医療センター 教授 
濱田 篤郎先生

* 日本渡航医学会医療職認定制度の更新単位1単位、日本医師会認定
産業医制度生涯研修専門医1.5単位、日医生涯教育講座1.5単位とカリ
キュラムコード1(専門職としての使命感)・2(継続的な学習と臨床
能力の保持)・11(予防活動)が取得できます

* 当日は軽食を準備しております

お問い合わせは下記までお願い致します。
830-0011 福岡県久留米市旭町67
久留米大学医学部 感染医学講座 臨床感染医学部門 主任教授
(久留米大学病院 感染制御部 部長)
 渡邊 浩
TEL: 0942-31-7549  FAX: 0942-31-7697
posted by スタッフ at 00:00| 日記

第3回東海渡航ワクチンセミナー(名古屋)

第3回東海渡航ワクチンセミナー

日時:2012年10月6日(土曜) 15:30ー18:30
場所:ウインクあいち 愛知県産業労働センター
参加費:1000円
参照:http://vc.kkch.net/tokai-seminar-3.htm
参加連絡先;名鉄病院予防接種センター
FAX : 052−551−6308 mail:mmiyazu@meitetsu-hpt.jp

教育講演
1.赴任家族の留学とワクチンについて 宮津 光伸
2.海外渡航と、麻疹、風疹、ムンプス、水痘について 後藤 泰浩
3.海外渡航と、狂犬病について 菊池 均
製品説明
 「サーバリックス」 ジャパンワクチン
特別講演
 座長 浅井 雅美
 渡航者と家族のメンタルケア(仮)
 横浜労災病院 精神科部長 津久井 要 先生
18:30〜 情報交換会

東海渡航ワクチンセミナー、GSK、ジャパンワクチン 共催
本研修会参加者には日本渡航医学会の医療職認定制度の更新単位(1単位)が提供されます。
posted by スタッフ at 00:00| 日記

2012年09月09日

第6回認定医療職研修会(東京)

第6回認定医療職研修会
日時:平成24年9月9日(日曜日) 午前9時00分〜午後5時00分(受付8時30分から)
場所:東京医科大学病院 第1講堂(第1教育研究棟3階)(東京都新宿区西新宿
6-7-1)
対象者:医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、薬剤師
受講料: 学会員10,000円、非学会員15,000円
posted by スタッフ at 00:00| 日記

2012年09月01日

第22回トラベラーズワクチンフォーラム研修会

第22回トラベラーズワクチンフォーラム研修会

日時:2012年9月1日 午後1時半〜5時10分
場所:東京医科大学病院 教育棟5階講堂(西新宿)
主催:バイオメデイカルサイエンス研究会
1) 「海外渡航する小児へのワクチン接種の実際」T 約40分
国立国際医療研究センター渡航者健康管理室での実態(仮題)
金川 修造 (国立国際医療研究センター)
2) 「海外渡航する小児へのワクチン接種の実際」U 約40分
都立駒込病院での実態(仮題)
菅沼 明彦 (東京都立駒込病院 感染症科 医長)
3)「日本での小児の予防接種に関する最近の動き」(仮題) 約50分
岡部 信彦 (川崎市衛生研究所 所長)
4)「不活化ポリオワクチンの日本での導入」(仮題) 約30分
都築 大祐 (サノフィパスツール (株) メディカルディレクター)
総合討論 約30分

プログラムなどの詳細は下記のサイトをご参照ください。
http://www.npo-bmsa.org/img/tvf_22_anounce3.pdf


医療職認定制度更新単位(1単位)
posted by スタッフ at 00:00| 日記

2012年07月21日

第16回日本渡航医学会学術集会(大阪)

第16回日本渡航医学会・学術集会(案)
とき:2012年7月21日(土)・22日(日)
ばしょ:大阪大学コンベンションセンター(吹田キャンパス)

メインテーマ:「国境を越える医療ケア(Medical care across the border)」
 グローバル時代において、多くの人や物や情報が国境を越え世界を駆けめぐっている。医療も例外ではない。海外旅行で観光客が往来し、人びとが他国に移住するだけでなく、患者や医療者が国境を越えて移動する時代となった。
 第16回日本渡航医学会学術集会においては、医療通訳士協議会(JAMI)との協働のもと、国境を越える医療ケアの未来像について大いに議論してみたい。

20日(金)18:00−20:00 日本渡航医学会理事会・評議員会
21日(土)午前
9:30−10:30 一般演題
10:40−12:10 シンポジウム1
「外国で生活する女性の健康支援―看護職の役割を考える」
シンポジウム2「渡航医学の普及に向けて〜トラベルクリニックサポート事業」
12:20−13:20 ランチョンセミナー(2題)
21日(土)午後
13:30−14:00 日本渡航医学会総会(3階 MOホール)
14:00−16:00 国際シンポジウム(3階 MOホール)
「国境を越える医療ケア(Medical care across the border)」
司会:中村安秀(大阪大学大学院人間科学研究科)
演者:(Izabel Arocha:元IMIA会長)(ローチェ多恵子:豪州在住)
(南谷かおり)(林 啓一:上海在住)
16:10−18:10 シンポジウム3
「予防接種の新たな時代へ〜すべての渡航者にワクチンを!」
シンポジウム4「旅行と精神医学」(多文化間精神医学会との合同シンポジウム)
18:30−20:30 情報交換会(吹田キャンパス内)
22日(日)午前
9:30−10:30 一般演題(コンベンションセンター2階)
10:40−12:10 教育講演(30分:3本)(3階 MOホール)
「旅と病の歴史」(濱田 篤郎)
「マラリアと暮らす人びと」(金子 明)
「感染症対策の未来像」(岡部 信彦)
12:30−13:30 ランチョンセミナー「演題未定:募集中」
22日(日)12:30−13:30 第5回医療通訳士協議会(JAMI)総会
13:40―16:00 JAMIパネルディスカッション・日本渡航医学会公開講義
「ニッポンの医療、ココがヘン!―外国人の視点からみた日本の医療」
司会:南谷かおり(りんくう総合医療センター)
   井田 健(公立甲賀病院)
演者:交渉中
(会費)
第5回医療通訳士協議会(JAMI)とのジョイント開催とする
学術集会参加費:医師、歯科医師:会員5,000円 非会員6,000円
        その他の職種:会員3,000円 非会員 5,000円
学生、大学院生:1,000円
(JAMI会員は、本学術集会に限り、日本渡航医学会会員と同額とする)
情報交換会費 :一般 3,000円
学生、大学院生:1,000円


posted by スタッフ at 00:00| 日記

2012年06月16日

第2回トラベラーズワクチン講習会(東京)

第2回トラベラーズワクチン講習会をご案内させていただきます。
トラベラーズワクチンとは観光旅行に加えて、ビジネスや国際援助活動等の全て
の海外への渡航に際して、感染症予防のために必要または推奨されるワクチンの
ことを指します。
昨今では海外渡航者数の増加や予防医学の発展に伴って、渡航外来やトラベラー
ズワクチンの重要性が高まっています。
本講習会は、基本的な感染症予防やワクチン接種のための知識を広め、地域の連
携・協力体制を築くことを目的としています。

昨年の講習会でいただいたご意見から、今回の講習会では日程を2日間にして予
防や症例検討を増やしました。
また本講集会の受講により日本渡航医学会 医療認定職制度 2単位を取得できます。
渡航に関連したワクチン診療に携わる先生方に広くご参加いただけましたら幸いです。
下記に詳細をお示しますが、当センターホームページ
http://www.ncgm.go.jp/dcc/traning/travelersvaccine02.html でも内容をご確
認いただけます。

対象者:各地域で渡航者に対する感染症予防のための指導やワクチン接種業務に携わる、または関心を持つ医療従事者
日程:2012年 6月16日(土)〜17日(日)
場所:独立行政法人 国立国際医療研究センター 研修センター 5F 大会議室 〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1
都営大江戸線 若松河田駅より徒歩5分 東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩15分
その他:日本渡航医学会 医療職認定制度 2単位

スケジュール 6月16日(土)
@ トラベラーズワクチン総論 渡邊浩 先生 (久留米大学)
A 食事とトラベラーズワクチン 氏家無限 (国立国際医療研究センター)
B 怪我とトラベラーズワクチン 菅沼明彦 先生 (都立駒込病院)
C 定期接種とトラベラーズワクチン 山元佳 (国立国際医療研究センター)
D Case Discussion 1 濱田篤郎 先生 (東京医科大学)

懇親会(希望者)

6月17日(日)
E 性交渉とトラベラーズワクチン 堀成美 先生 (聖路加看護大学)
F 黄熱ワクチン 金川修造 (国立国際医療研究センター)
G ワクチン制度 (ACIP) 神谷元 先生 (国立感染症研究所)
H トピック: ポリオワクチン 福島慎二 先生 (東京医科大学)
I 防蚊対策とトラベラーズワクチン 竹下望 (国立国際医療研究センター)
J 輸入ワクチン 近利雄 先生 (The King Clinic/聖路加国際病院)
K Case Discussion 2 加藤康幸 (国立国際医療研究センター)

募集要項
参加人数:70名程度(希望者多数の場合、所属施設・地域・臨床経験・受講歴等を考慮して受講者数を調整することがあります)
受講料:5,000円 (予定)
申込方法:下記のURLから申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上 dccinform@gmail.com まで添付してお申込み下さい。
申込締切日:2012年5月11日(金)(希望者多数の場合、日程以前に締め切ることもあります)
申込用紙は、国際感染症センターホームページ(http://www.ncgm.go.jp/dcc/でダウンロードしてご利用いただけます。

お申込み及びお問い合わせ窓口:
独立行政法人 国立国際医療研究センター 国際感染症センター 国際医療支援室(氏家、加藤)
住所:〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1 
E-mail address: dccinform@gmail.com
TEL: 03-3202-7181 (代表)

posted by スタッフ at 00:00| 日記

2012年04月07日

第2回東海渡航ワクチンセミナー(名古屋)

【日 時】 平成24年4月7日(土) 15:00〜18:00
【場 所】 名鉄グランドホテル(名鉄バスターミナルビル) 11階、柏の間
 名古屋市中村区名駅1-2-4 Tel 052−582−2211
【参加費】 1,000円
 申し込み先: 名鉄病院予防接種センター
 FAX:052−551−6126
【内 容】
・オープ二ング 宮津 光伸   (15:00)

・海外赴任と家族の同行および、帰国子女への対応《日本と海外のワクチン》
    名鉄病院予防接種センター長 宮津光伸 (15:15)
・輸入ワクチンの接種スケジュール《狂犬病・ダニ脳炎・腸チフス・コレラ等》
    名鉄病院予防接種センター 菊池 均 (15:45)

  ≪休憩:15分≫  (16:30)

・特別講演  (16:45)
 座長  だいどうクリニック予防接種センター長 浅井雅美
 「民間企業からみた海外医療事情」
 三井物産株式会社 人事総務部メディカルディレクター
 半井 英夫 先生

・質疑&総括 (17:45)
・クロージング 総合上飯田第一病院小児科 後藤泰浩  (18:00)

*セミナー終了後、情報交換会を予定しておりますので、ぜひご参加ください。
 
 共催:
 東海渡航ワクチンセミナー
 武田薬品工業株式会社

posted by スタッフ at 00:00| 日記

2012年03月04日

第4回看護職セミナー

看護部会「第4回看護職セミナー」
・日  時:2012年3月4日(日)13時〜16時30分
・場  所:国立国際医療研究センター研究所(地下1階)中会議室
・対  象:海外渡航者の健康に興味のある方(職種は問いません)

セミナーテーマ:『災害が渡航者に与える影響』

(1)自治体の立場から住民のケア        
          札幌医科大学 波川 京子先生

(2)旅行業の立場から旅行者のケア  
          ANAセールス株式会社 CS推進室 北湯口 茂先生

(3)産業保健の立場から駐在員のケア
      旭硝子株式会社 中央研究所健康管理センター 梅井 久美子先生

・定  員:45名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)
・備  考:本セミナーにおいて、本学会における医療職認定制度の更新単位(1単
位)を取得できます。

posted by スタッフ at 00:00| 日記

2012年02月18日

第21回トラベラーズワクチンフォーラム研修会

第21回トラベラーズワクチンフォーラム研修会が下記日程で開催されます。
今回は最近話題になっているポリオワクチンを取り上げます。
詳細は主催するバイオメデイカルサイエンス研究会のホームページを御参照ください。
http://www.npo-bmsa.org/21th_travelvaccine.htm

なお、本研修会の参加者には、日本渡航医学会認定医療職の更新単位(1単位)が提供されます。

主催:バイオメデイカルサイエンス研究会
日時:2012年2月18日(土曜) 午後2時〜5時半
会場:東京医科大学病院 教育棟5階講堂(東京 西新宿)
posted by スタッフ at 00:00| 日記

2012年01月01日

研修会(1〜2月) 








日本渡航医学会会員各位

 

日頃より日本渡航医学会の活動にご協力をいただき、ありがとうございます。

今年は1月より本学会関連の研修会が数多く予定されています(下記参照)。

参加者は認定医療職制度の更新単位(1単位)が取得できますので、更新単位を希望する方は参加を証明するもの(領収書など)を保管しておいてください。

よろしくお願い致します。

 

1月16日(日)「第3回看護職セミナー」 会場:東京医科大学病院(東京) 

1月29日(土)「第19回トラベラーズワクチンフォーラム研修会」 会場:国立国際医療研究センター(東京)

2月5日(土)「第3回海外勤務健康を考える会」 会場:堺商工会議所(大阪)

 

各研修会の詳細については学会HPを参照ください。


 

日本渡航医学会 理事(庶務担当)

濱田篤郎

東京医科大学病院
posted by スタッフ at 19:11| 日記

2011年07月30日

第15回日本渡航医学会学術集会

第15回日本渡航医学会学術集会
開催場所:札幌医科大学
開催日:2011年7月30〜31日

posted by スタッフ at 00:00| 日記

2011年06月18日

第20回トラベラーズワクチンフォーラム研修会(東京)

第20回トラベラーズワクチンフォーラム研修会
会期:平成23年6月18日(土) 午後 14:00〜17:40  
会場:国立国際医療センター(東京) 国際医療局3階会議室
参加費:1000円

本研修会は日本渡航医学会の認定医療職更新研修会に指定されており、参加者は更新単位(1単位)を取得できます。

講演テーマ
1)麻疹の一般論(国内や海外での発生状況)

   国立感染症研究所感染症情報センター 島田智恵先生 
2)麻疹ワクチンに関して(海外渡航者への接種の必要性) 

   国立感染症研究所感染症情報センター 多屋馨子先生
3)海外旅行保険から見た海外渡航者の感染症とワクチンの効果

   ジェイアイ傷害火災保険株式会社 営業企画部 加藤修様

4)トラベルクリニック紹介

posted by スタッフ at 00:00| 日記

2011年01月16日

日本渡航医学会 第3回看護職セミナー

日本渡航医学会「第3回看護職セミナー開催のお知らせ」
■日時:平成23年1月16日(日)午後1:30〜午後4:30(受付:午後1時〜)
■場所:東京医科大学病院 http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/
-------------------------------------------------------
テーマ 『多様化する海外勤務者の健康管理』です。

■内容:
 講義1:「日本に勤務する外国人の健康管理」(60分)
 鈴木 英孝先生(エクソンモービル有限会社 産業医)

 講義2 「アウトソーシングによる海外勤務者健康管理」(40分)
 斎藤 なほみさん(株式会社 保健同人社電話相談室 看護師)


詳細は、学会ホームページをご覧ください。
http://www.travelmed.gr.jp/


 ※日本渡航医学会の医療職認定制度の更新単位(1単位)取得
posted by スタッフ at 00:00| 日記

2010年12月03日

第51回日本熱帯医学会大会

「第51回日本熱帯医学会大会」のお知らせ

平成22年12月3日〜4日に標記学会が仙台市で開催されます。詳細は下記をご覧ください。

http://www.tohoku-icnet.ac/nettai/
本大会では日本渡航医学会が発刊した「海外渡航者のためのワクチンガイドライン」に関するシンポジウムが実施されます。
また本大会の参加者には日本渡航医学会の医療職認定制度の更新単位(2単位)が提供されます。
更新単位をご希望される方は、大会の参加証を保管しておいてください。

日本渡航医学会 理事(庶務担当)
東京医科大学病院 渡航者医療センター
濱田 篤郎
posted by スタッフ at 00:00| 日記

2010年07月31日

医療職認定の更新について

日本渡航医学会会員各位

日頃よりお世話になっております。
医療職認定の更新について、会員の皆様から色々とご意見をいただきました。
7月31日に開催された理事評議員会で本件について検討を行った結果、下記の方式で更新を実施することなりましたのでお知らせします。

更新方法
1)認定期間は3年間で、更新に必要な単位は10単位とする(今年の更新は2007年度に医療職認定を取得した者)
2)9月中に更新方法をHPに掲載する
3)更新申請の締め切りは11月30日とする
4)12月に教育普及委員会で審査を行なう

救済措置
1)更新単位が足りない者には1年間の猶予を与える(但し、次回の認定期間は2年間)

2)海外在住者については、それを証明する書類を提出すれば2年まで(合計5年間)認定期間を延長できる
3)医療職認定を取得後、認定研修会を受講した者には4単位を提供する
4)国際渡航医学会の関連会議(国際会議、地域会議)の参加者には4単位を提供する


なお、今年10月に開催される第8回アジア太平洋渡航医学会議は第14回日本渡航医学会学術集会と共催のため、参加者には6単位を提供します。

以上です。

日本渡航医学会 理事(庶務担当)
濱田 篤郎
Atsuo Hamada, M.D.
posted by スタッフ at 18:16| 日記

2010年01月30日

第17回トラベラーズワクチンフォーラム研修会

日本渡航医学会会員各位

第17回トラベラーズワクチンフォーラム研修会を下記の日程で開催します。

日時:2010年1月30日(土) 
主催:バイオメデイカルサイエンス研究会
場所:国立国際医療センター 国際医療協力局3階会議室
時間:午後1時〜5時半
講演テーマ:
1.輸入新型インフルエンザ
2.組織培養日本脳炎ワクチン
3.渡航者ワクチンガイドラインの紹介
プログラムなどの詳細は下記をご参照ください。
http://www.npo-bmsa.org/img/TVF_17anounce1.pdf


この学術集会は日本渡航医学会認定医療職の更新研修会(1単位)に指定されています。


海外勤務健康管理センター
濱田 篤郎
Atsuo Hamada, M.D.
posted by スタッフ at 00:00| 日記